ビズリーチの評判を徹底解説!メリットデメリットや口コミもご紹介

ビズリーチ転職エージェント

『即戦力!』というCMでも話題のビズリーチ、高年収や役員向けの求人に特化した転職サービスですが、本当にハイクラスな求人が見つかるのだろうか?と、評判が気になりますよね。

そこで今回は、ハイクラス向けの転職求人サービスのビズリーチの評判を、実際に利用した方の口コミを元に解説していきます。

また併せて、ビズリーチを利用することのメリット・デメリットなども解説します。

ビズリーチの評判が気になる方は、是非チェックしてみて下さい。

  1. ビズリーチの特徴を紹介!
    1. スカウト型の転職エージェント
    2. 登録に審査がある
    3. 有料プランが用意されている
  2. ビズリーチの評判・口コミを紹介
    1. ビズリーチの良い評判・口コミを紹介
    2. ビズリーチの悪い評判・口コミを紹介
  3. ビズリーチの評判をもとにメリット・デメリットを解説!
    1. ビズリーチのメリットは?
      1. 高年収やハイクラスの求人を見つけやすい
        1. 求人の3分の1が年収1000万円以上の案件
      2. ヘッドハンターの質が高い
      3. 自分の市場価値を知ることができる
      4. スカウトを受けられる
    2. ビズリーチのデメリット
      1. 利用開始には審査に通過する必要があり
      2. 中には質の悪いヘッドハンターも
      3. 無料での利用には限りがある
      4. メールが届く件数が多い
      5. スキルがないと転職できない可能性が高い
      6. スピーディに転職したい方には向いていない
      7. 他の転職エージェントと比較してサポートが少ない
  4. ビズリーチの評判・口コミを元に利用するのがおすすめの人を紹介
  5. ビズリーチの利用の流れ
    1. ①応募フォームから登録
    2. 経歴・希望条件を入力
      1. 審査がスタート
      2. 期間限定で有料プランを無料で使える?
    3. 求人・ヘッドハンターから連絡
    4. 応募
  6. ビズリーチでの転職活動を成功させるコツとは
    1. ヘッドハンタースコアをチェックする
    2. 「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー」受賞者
    3. とりあえず会いたいというヘッドハンターには注意
    4. 複数の転職サービスを利用することも大切
  7. ビズリーチを利用する人によくある質問
    1. ビズリーチに登録したら会社にバレる?
    2. ビズリーチを利用するのに費用が掛かる?
    3. ビズリーチの審査は厳しいって本当?
  8. ビズリーチと併用にオススメの転職エージェント!
    1. リクルートダイレクトスカウト
    2. dodaエグゼクティブ
    3. JACリクルートメント
  9. 業界特化型の転職特集がある
    1. ビズリーチ(IT)
    2. ビズリーチ(会計士)
    3. ビズリーチ(税理士)
  10. ビズリーチの概要
  11. ビズリーチの評判・口コミまとめ

ビズリーチの特徴を紹介!

ではまずはビズリーチの特徴について紹介します。

ビズリーチの特徴は以下の3つが挙げられます。

ビズリーチの特徴

  • スカウト型の転職エージェント
  • 登録に審査がある
  • 有料プランが用意されている

これらについてそれぞれ解説します。

スカウト型の転職エージェント

リクルートエージェントやマイナビエージェントのような転職エージェントと違い、ビズリーチに登録してもキャリアコンサルタントが担当してくれるわけではありません。

ビズリーチに登録したら、ヘッドハンターや企業が自分の職務経歴書を参考に直接スカウトする形の転職サービスです。

もちろん受け身だけではなく、自分で求人を検索したりヘッドハンターを検索したりして逆指名をすることもできます。

他の転職エージェントと異なる使い方になると覚えておきましょう。

登録に審査がある

ビズリーチに登録するためには、審査に通らなければなりません。

ビズリーチはハイクラス向けの求人を多数掲載している転職サービスなので、ハイクラス層しか登録できないのかと思うかもしれませんね。

しかしそうではありません。

審査基準自体は非公開ですが、経験が浅い人でもヘッドハンターからスカウトがもらえたという声もあるので、そこまで審査基準は厳しくないと考えられます。

主にブランドイメージや企業側がスカウトしやすくするために、審査フェーズを設けていると考えられますね。

有料プランが用意されている

ビズリーチは無料で利用できるプラント有料プランの2つが用意されています。

有料プランでは求人検索やスカウトの機能をより多く利用できるようになります。

ただビズリーチに登録してから無料お試し期間が付与されるため、絶対に課金しなければならないわけではありません。

どうしても早く転職したい方は、ビズリーチの有料プランを利用するのがおすすめです。

ビズリーチの評判・口コミを紹介

ビズリーチの評判・口コミを紹介

続いては、ビズリーチの評判・口コミについて紹介します。

良い評判・口コミと悪い評判・口コミに分かれていたので、それぞれ分けて紹介します。

どちらも重要な意見なので、これからビズリーチを利用しようと考えている方は参考にしてくださいね。

ビズリーチの良い評判・口コミを紹介

ハイクラス向けの求人を探していたのでビズリーチを利用しました。
外資系や高収入の求人が多く掲載されていたのでとても満足しています。
あまりスカウトはされませんでしたが、自分の実力をしれた気もするので、頑張る気ももらえました!
ハイクラス向けの転職サービスということで、管理職や経営層の求人もあって驚きました。
管理職にも興味があると伝えたら、条件に合う求人をたくさん紹介してくれたので良かったです。
最終的に希望している管理職に就けたので感謝しています。
ビズリーチで転職した者ですが、一番の収穫は転職先ではありませんでした。
ビズリーチでスカウトしてくれたヘッドハンターと知り合えたことが一番の収穫です。
ヘッドハンターはいろいろな経営者とつながっているため、その人経由でいろいろな経営者を紹介してもらえました。
結果としてかけがえのない人脈を手に入れられたのが良かったです。
ビズリーチを利用して転職をしたら、いいポジションに転職できて、年収が300万円も一気に上がりました。
今までも不満はなかったのですが、年収は高ければいいですからね。
とても満足しています。
他の転職エージェントも利用していましたが、仕様がだいぶ違う点には驚きました。
ただ、ヘッドハンターが丁寧にサポートしてくれたのでなんとか転職までできたので良かったです。

ビズリーチの悪い評判・口コミを紹介

ビズリーチを一時期利用していましたが、いっさいスカウトが来なかったのでやめました。
未経験で転職を考えていたからかもしれませんが、使っていても意味がありません。
直接スカウトも狙っていましたが、現実は甘くはなかったです。
ヘッドハンターが結構雑でした。
一度にたくさんの方に仕事を紹介しているからなんだと思いますが、もう少し丁寧に対応していただきたかったですね。
特に職務経歴書は転職において重要なので、書き方のサポートくらいしてほしかったです。
いかにも一斉送信だろと思えるメールが何度も来て嫌でした。
希望している条件にマッチしているわけでもありませんし、大量に送って帰ってきたらいいなと思っている心が見えました。
それに飽き飽きしてビズリーチの利用をやめました。
希望していない条件の求人ばかり紹介されます。
もちろん人手が足りていないというのもわかりますが、こちらは希望を出しているのでそれに合わせた求人を紹介してほしいですね。

ビズリーチの評判をもとにメリット・デメリットを解説!

まずビズリーチの評判をもとに、ビズリーチを利用するメリット・デメリットを解説していきます。

ビズリーチのメリットは?

ビズリーチのメリットには下記のようなものがあります。

  • 高年収やハイクラスの求人を見つけやすい
  • ヘッドハンターの質が高い
  • 自分の市場価値を知ることができる
  • スカウトを受けられる

高年収やハイクラスの求人を見つけやすい

まずビズリーチのメリット1つ目は、広告で謳っている通り、高年収などハイクラスの求人の取り扱いが多い点です。

一般的な日本の転職の場合、転職時には前職よりもキャリアダウンしてしまったり、年収が下がってしまうことが多いですよね。

しかしビズリーチはターゲット層が年収600万円以上のハイクラスな層を、即戦力として企業に人材紹介を行っています。

そのため今のキャリアを保ったまま、また生かしてキャリアアップすることができることが、メリットと言えるでしょう。

  • 今の職場ではこれ以上のキャリアアップは見込めない
  • さらにキャリアアップをしていきたい
  • 今の待遇に満足できないので、年収アップを図りたい

このような方には、ビズリーチの利用がおススメです。

求人の3分の1が年収1000万円以上の案件

ハイクラスな求人が揃っていると言っても、どの程度の求人が揃っているのかが気になりますよね。

ビズリーチでは、取り扱いの求人の3分の1以上が1000万円以上となっています。

大手転職求人サイトのリクナビNEXTで、同じ条件の求人数を調べてみましょう。

  • ビズリーチ:約30000件
  • リクナビNEXT:約1700件

いかにビズリーチのハイクラスの求人数が揃っているかがわかりますよね。

ヘッドハンターの質が高い

ビズリーチでの転職活動は、下記の二通りに分かれます。

  • 企業からのスカウトを直接受ける
  • ヘッドハンターからサポートを受ける

このため他社の転職サイトのように自分で求人を探すのではなく、ビズリーチから届く求人を応募していくスタイルです。

このヘッドハンターが、他社で言うエージェントの役割を果たしているため、秘匿性の高い求人や中には転職サイトには出回らない求人を紹介してもらえます。

ビズリーチではこのヘッドハンターにも力を入れているため、納得のいく転職活動を行える可能性が高いです。

自分の市場価値を知ることができる

ビズリーチでは、自分で転職活動を行うよりかは、企業やヘッドハンターからのスカウトを待つスタイルになります。

そのため登録した情報から『自分はどのような企業から需要があるのか』という傾向をチェックすることができるのです。

スカウトを受けて転職活動を行う本来の使い方とは異なってしまいますが、市場からの自分の本当の価値を図ることができるのは魅力的ですよね。

スカウトを受けられる

ビズリーチでは自分で求人を探さずに、ヘッドハンターからのスカウトを待つだけで転職活動を進められます。

現職で働きながら転職活動をしたい方にとってはとてもありがたいです。

またスカウトされるメリットは、書類選考が免除されることです。

いきなり面接から選考が始まるので、無駄なフローがありません。

そのため年収や就業条件の交渉もしやすくなるメリットがあります。

ビズリーチのデメリット

ここまではビズリーチのメリットを紹介してまいりました。

それでは、ビズリーチのデメリットにはどのようなものがあるのかをチェックしていきましょう。

  • 利用開始には審査に通過する必要があり
  • 中には質の悪いヘッドハンターも
  • 無料での利用には限りがある
  • メールが届く件数が多い
  • スキルがないと転職できない可能性が高い
  • スピーディに転職したい方には向いていない
  • 他の転職エージェントと比較してサポートが少ない

利用開始には審査に通過する必要があり

ビズリーチのサービスを開始するには、ビズリーチに登録を行う必要があります。

ビズリーチはハイクラス向けの転職エージェントとなっているため、登録を行う際に、利用者のスペックを審査されます。

「ビズリーチでの求人紹介が難しい・スカウト側の最低ラインを超えていない」といったような判断となってしまうと、登録を行っても満足に転職活動が出来ない可能性が高いため、審査に落ちてしまう可能性が高いです。

しかし最近は、比較的に審査通過率もそこまで厳しくない傾向にあるため、審査落ちの心配はそこまで必要ないと言えるでしょう。

中には質の悪いヘッドハンターも

ビズリーチではスカウト機能の他にも、ヘッドハンターによる求人紹介・転職サポートを受けることができます。

基本的にはヘッドハンターの対応の口コミも高いものが多いのですが、中には質があまりよろしくないヘッドハンターにあたってしまうこともあるようです。

対処方法としては、質の悪いヘッドハンターの場合は変更してもらう・ランクの高いヘッドハンターにだけサポートを受ける、といった対処法があります。

ヘッドハンターのランクについては、のちほど記事の後半でも解説していきます。

無料での利用には限りがある

ビズリーチでは、無料会員登録でも利用を行うことは可能ですが、その場合利用できる範囲に限りがあります。

有料会員・無料会員での利用できるサービス内容は、下記の通りです。

【料金ごとの利用できるサービス内容】

有料プラン(プレミアムステージ)全てのスカウトの閲覧・返信、求人の閲覧・応募、ヘッドハンターへの相談が可能です。ビズリーチを最大限活用して、転職活動を進められます。
無料プラン(スタンダードステージ)「プラチナスカウト」のみ閲覧・返信が可能です。また応募については、公募・特集求人などの特別な求人のみ可能です。

無料プランの場合、自分に届くスカウトのみの利用となります。

ヘッドハンターへの相談などは有料会員のみとなってしまいます。

ビズリーチの最大の特徴であるヘッドハンターのサポートが受けられないとなると、あまり無料会員で利用するメリットがあるとは言えません。

またビズリーチの有料会員にもランクがあります。

コース利用料金
タレント会員30日間コース 3278円(税込)の一括払い
ハイクラス会員30日間コース 5478円(税込)の一括払い

タレント会員・ハイクラス会員と分けられており、年収750万円以下はタレント会員・750万円以上はハイクラス会員となります。

他者では取り扱っていない希少なハイクラス求人を受けることができるため、この金額となってくると言えます。

メールが届く件数が多い

ビズリーチでのヘッドハンターのサポートを受ける場合、サポートが手厚いヘッドハンターが多いため、中には連絡数が多くしつこいと感じるケースもあるようです。

ヘッドハンターによってまちまちとは言えますが、基本的には1日に10件以上、特に転職活動をスタートしたばかりであると、余計に件数が多い傾向にあると言えます。

スキルがないと転職できない可能性が高い

ビズリーチに掲載されている求人のほとんどが、ハイクラス向けの求人です。

そのためスキルがない方や未経験で転職をしようと考えている方は、転職できない可能性が高いです。

未経験歓迎や経歴不問といった募集要件の求人を探しているなら、他の転職エージェントを利用しましょう。

スピーディに転職したい方には向いていない

ビズリーチに登録した後には、基本的にスカウトを待つ必要があります。

そのためスピーディに転職したいと考えている方には向いていません。

どうしても早く転職したいのであれば、有料プランを利用するのがおすすめです。

また他の転職エージェントと併用することでも、転職時期を早めることができます。

スカウトを待っていても一向にスカウトされないこともあるので、気をつけてくださいね。

他の転職エージェントと比較してサポートが少ない

ビズリーチは転職エージェントというよりは転職サイトです。

転職エージェントのように、一人一人に担当コンサルタントがついてくれるわけではないので、サポート内容も少ないです。

転職エージェントでは面接の日程調整や年収などの交渉までおこなってくれますが、ビズリーチでは基本的に自分でおこなう必要があります。

自分で転職活動を進める余裕がないなら、転職エージェントがおすすめです。

ビズリーチの評判・口コミを元に利用するのがおすすめの人を紹介

ビズリーチの評判・口コミを元に利用するのがおすすめの人を紹介

続いては、ビズリーチの評判・口コミを元に利用するのがおすすめの人を紹介します。

結論から言うと、以下に当てはまる方はビズリーチに登録するのがおすすめです。

ビズリーチに登録するのがおすすめの人

  • ある程度キャリアを積み、キャリアアップを目指したい方
  • 人脈作りを優先したい20代

これらの方はビズリーチに登録してみるのがおすすめです!

一方で以下に当てはまる方は、ビズリーチに登録するのは向いていません。

ビズリーチに登録するのは向いない人

  • 転職活動がはじめての第二新卒・フリーター
  • 地方で働きたい方
  • いろいろなキャリアを積みたい方

これらに当てはまるなら、他の転職エージェントを利用するのがおすすめです。

単純にハイクラス向けの求人に転職したいと考えている方もいるかもしれませんが、スカウトされるかどうかは職務経歴書次第です。

そのため今までの経歴が重要視されます。

未経験や第二新卒ではまだハイクラス向けの求人に転職するのは難しいと覚えておきましょう。

未経験や第二新卒向けの転職エージェントもあるので、そちらを利用してみましょう。

ビズリーチの利用の流れ

ここまでビズリーチの評判をチェックするために、実際の利用者のメリット・デメリットを解説してまいりました。

ビズリーチの利用の流れ

  1. ビズリーチの利用の流れ
  2. 応募フォームから登録
  3. 経歴・希望条件を入力
  4. 企業・ヘッドハンターから連絡
  5. 応募
  6. 面談
  7. 内定

上記の流れで転職活動を行っていきます。

ここで注意したいのが、ビズリーチの求人申し込み方法は2通りあるということ。

  • 企業からのスカウト
  • ヘッドハンターからのスカウト

求人の経路が若干異なるものの、基本的な活動の流れは同じです。

活動の流れを、もう少し詳しく解説していきます。

①応募フォームから登録

まずは応募フォームからビズリーチへの会員登録を行います。

最初に入力を行う項目は、下記の3点です。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 現在の年収

こちらの入力が完了したら、会員に必要な情報を登録していきます。

経歴・希望条件を入力

登録に必要なメールアドレスなどの入力が完了したら、次は経歴や希望条件などを入力していきます。

登録時には、具体的に下記のような入力項目があります。

  • 氏名
  • 携帯電話番号
  • 語学能力
  • 最終学歴
  • 直近・現職の状況(勤務期間・企業名・職種・業務内容)
  • その他これまでの職務経歴
  • 転職後の希望業種・職種・勤務地

希望の転職活動が行えるように、現職の状況と転職後の希望条件もしっかりと洗い出していく必要があります。

またビズリーチでは、職務経歴書の書き方のポイントなども紹介されています。

よりスカウトをゲットしやすいように、ポイントを抑えながら記入をしていきましょう。

転職の成功率を上げる!職務経歴書の書き方マニュアル

審査がスタート

経歴や希望条件の入力が完了したら、登録の審査が始まります。

ここで審査に通過することができれば、いよいよビズリーチでの転職活動をスタートさせることができるのです。

基本的には登録を行った翌日には、審査の合否の連絡が届きます。

期間限定で有料プランを無料で使える?

ビズリーチでは、無料で利用をすることも可能ですが、ヘッドハンターからのスカウトなどを利用するとなると、有料会員に登録を行う必要があります。

しかし審査に通過で来た場合、キャンペーンで有料サービスを一定期間無料でサービスを受けることができます。

ここでまずはお試しで利用を行い、活動をしてみるのもよいでしょう。

求人・ヘッドハンターから連絡

審査に見事通過することができれば、いよいよ企業やヘッドハンターからのスカウトを待ちます。

企業から直接くることもあれば、ヘッドハンターからスカウトを受けて、いくつかの求人を紹介してもらう、というケースもあります。

またヘッドハンターの検索は自分でもおこなうことができます。

気になるヘッドハンターには「気になる」ボタンでアピールすることもできるため、自分からもアプローチを仕掛けていきましょう。

応募

企業もしくはヘッドハンターから気になる求人を紹介された後は、いよいよ応募となります。

企業から直接スカウトが来た時には、所定の応募欄から、ヘッドハンターから求人紹介を受けた場合は、ヘッドハンターの支持に従い従い応募を行っていきましょう。

面接で必ず聞かれる職務経歴の回答例

ビズリーチでの転職活動を成功させるコツとは

ビズリーチでの転職活動を成功させるコツとは

ビズリーチでの転職あ活動を成功させるには、成功のためのコツを駆使することが大切です。

そこでここからはビズリーチでの転職活動を成功させるためのコツを紹介していきます。

  • ヘッドハンタースコアをチェックする
  • 「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー」受賞者をチェック
  • とりあえず会いたいというヘッドハンターには注意
  • 複数の転職サービスを利用することも大切

ヘッドハンタースコアをチェックする

ビズリーチのヘッドハンターには、ヘッドハンタースコアが存在します。

ビズリーチでの登録3か月以上が経過したヘッドハンターを対象に、これまでの利用者成約数・取り扱い求人数・利用者のアンケートなどを元に、ランク付けが行われます。

S~Dランクまでのランクとなります。

質の高い転職支援や、求人紹介が出来ているヘッドハンターは、おのずと評価も上がってくるため、高いランクを保持していると言えます。

利用者のアンケートも反映されるため、ヘッドハンターのサポートを受ける際は、このランクを重視してチェックするのも、良い転職への近道と言えるでしょう。

「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー」受賞者

ヘッドハンターには、ヘッドハンタースコアの他にも、定期的に行わられる「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー」という評価制度があります。

  • 四半期ごとに行われる『優秀賞』
  • 1年に1度の『ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー』

ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤーや優秀賞を受賞した場合、ヘッドハンタープロフィールに記載がされるため、利用前に賞の受賞有無をチェックすることも大切です。

またヘッドハンターを検索する際は、この受賞者のみを絞って検索することも可能のため、最初から優秀なヘッドハンター狙いで行くことで効率的に活動を進めていくことが可能です。

とりあえず会いたいというヘッドハンターには注意

ヘッドハンターへのやりとりを進めていくと、対面でのサポートを急かす人もいます。

このように急かした対応をしてくるヘッドハンターは、あまり質が良くない傾向にあるため、利用しないのも一つの手です。

とにかく数をこなしたい・実績を作りたいヘッドハンターであったり、よくヘッドハンタースコアをチェックすると、低いランクのスコアであるとこも多いです。

そういったことを考慮すると、急かして会いたがるヘッドハンターを利用するメリットがないでしょう。

複数の転職サービスを利用することも大切

ビズリーチでの転職活動に集中することも良いですが、より転職成功率を上げるには複数の転職サービスを使うことがおススメです。

一つのサービスだけで活動を行うと、どうしても求人の傾向が固まってしまいがちになります。

そうなってしまうと、おもうようにし転職活動が進まない…なんてことになりかねません。

  • 複数の転職サービスを活用することで業界の動向がより明確になりやすい
  • チェックする求人数が増えるため、応募の母数を増やすことができる
  • 様々な人の意見を取り入れることでより俯瞰して活動を行える。

次のコーナーでは、ビズリーチと併用にオススメの転職サービスを紹介しているため、併せてチェックしてくださいね。

ビズリーチを利用する人によくある質問

ビズリーチを利用する方によくある質問をいくつか紹介します。

具体的には以下の質問が多く見られます。

ビズリーチを利用する人によくある質問

  • ビズリーチに登録したら会社にバレる?
  • ビズリーチを利用するのに費用が掛かる?
  • ビズリーチの審査は厳しいって本当?

これらについてそれぞれ解説します。

ビズリーチに登録したら会社にバレる?

結論から言って、ビズリーチに登録しても会社にバレる心配はありません。

企業やヘッドハンターがスカウトのために求職者の経歴を見ることはできますが、指名や連絡先を見ることはできない仕組みになっています。

そのため個人情報が漏れる心配がないのです。

会社にバレずに転職したい方も安心して利用できますね。

ビズリーチを利用するのに費用が掛かる?

ビズリーチを利用する場合、無料のスタンダードプランと有料のプレミアムプランがあります。

プレミアムプランにも2種類用意されていて、タレント会員とハイクラス会員から選べます。

それぞれで利用料金が異なるので紹介します。

コース利用料金
タレント会員30日間コース :3278円(税込)
ハイクラス会員30日間コース :5478円(税込)

これらの費用は30日ごとにかかる点に注意しましょう。

転職サイトや転職エージェントには無料のサービスもたくさんあるので、費用をかけたくない方は他の転職サービスを利用するのがおすすめです。

ただビズリーチは無料のスタンダード会員でも十分に利用できるので、まずはそちらを利用してみましょう。

ビズリーチの審査は厳しいって本当?

ビズリーチには入会するのにも審査が必要です。

その審査が厳しいと噂がありますが、審査基準自体が非公開となっているため実際にはわかりません。

ただ審査に落ちた人の特徴をまとめているので、下記を参考にしてみてくださいね。

ビズリーチの審査に落ちた人の特徴

  • 職歴が浅い人
  • 転職回数が多い人
  • マネジメント経験がない人
  • 年収が低い人

これらに当てはまっていると、ビズリーチの審査に落ちてしまう可能性が高まります。

気をつけてくださいね。

ビズリーチと併用にオススメの転職エージェント!

ビズリーチでの転職活動を成功させるには、ビズリーチと併用して複数の転職サービスを活用していくことが大切ということが分かりました。

ここからは、ビズリーチとの併用にオススメの転職サービスをご紹介していきます。

  • リクルートダイレクトスカウト
  • dodaエグゼクティブ
  • JACリクルートメント

リクルートダイレクトスカウト

  • 年収の高い求人が多いので、キャリアアップを目指せる。求人の対応地域が幅広い
  • ヘッドハンターの質が高い。スカウトを待つ受け身の転職なので忙しい人にも最適
  • ヘッドハンティングを受け身の姿勢で待てる

リクルートダイレクトスカウトはビズリーチと同じく、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職サイトです。

基本的な利用の流れはビズリーチと同じため、登録を行い、ヘッドハンターからのスカウトをまつ形式です。

リクルートダイレクトスカウトでも基本的にハイクラス向けの求人しか置いていないため、自分のキャリアを落とさずに転職したい、現状よりも処遇をよくしたいという人にもおすすめの転職サイトです。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判の真相は?サポートの充実性や口コミも解説

dodaエグゼクティブ

doda

  • 専門性の高い職種・管理職・責任者などハイクラス向けの求人を取り扱う
  • 年収1000万円以上の求人に加え、エグゼクティブ向けの非公開求人も充実

dodaエグゼクティブは人材大手のdodaが提供する、ハイクラス・エグゼクティブ向けの求人を取り扱う転職エージェントです。

dodaでの各業界とのパイプを生かして、より選択肢の広い求人を紹介してもらいやすい傾向にあります。

もちろん転職サポートの実績も抜群のため、とりあえず登録にオススメの転職サービスと言えるでしょう。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

JACリクルートメント

JACリクルートメント

  • 外資系企業のハイキャリア案件が多い
  • 担当コンサルタントが企業と直接コンタクトを取る
  • キャリアコンサルタントの質が高い

JACリクルートメントもビズリーチと同じく、ハイクラス向けの転職支援サービスです。

他の転職支援サービスと異なる点は、外資系企業の案件が多いことが特徴に上げられます。

またキャリアコンサルタントの質も高い傾向にあるため、質の良いコンサルタントに手取り足取り手伝ってもらいたいという方は、併用にオススメのサービスと言えるでしょう。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較

業界特化型の転職特集がある

ビズリーチ自体は、あらゆる業界のハイクラス求人を扱っていますが、一部特定の業界に特化したサービスも提供しています。

転職先で考えている業界と、ビズリーチが提供するサービスがマッチしているなら、ぜひ利用してください。

ビズリーチ(IT)


業界全体が盛り上がっており、中には高年収の求人が多く含まれているIT業界に特化したサービスを、ビズリーチは提供しています。

人手が足りないフロントエンドエンジニアや、年々需要が高まるiOSアプリ開発エンジニアの求人は、高年収求人が多いです。

「IT業界でキャリアアップ」を考える方はぜひ、ビズリーチでITハイクラス求人を探してみてください。

ビズリーチ(会計士)

企業経営が複雑化して、会計士に求められる仕事は以前より多様化しています。

つまり、会計士へのニーズは年々高まっているということ。

そのため、必然的に会計士のハイクラス求人の数は多くなっているということです。

ビズリーチも、ハイクラス求人の取扱の得意さを利用して、会計士の高年収求人を多く揃えています。

ビズリーチが一分野として切り分けるほど高年収が多い会計士業界。

ぜひとも年収アップを考えている会計士のみなさんは、ビズリーチを使った転職を行ってください。

ビズリーチ(税理士)

中小企業の事業継承、会計財務の法令複雑化など、税理士に求められる仕事は増えて、複雑化しています。

そして税理士へのニーズが高まっているということは、税理士の年収は上がり、税理士のハイクラス求人も多くなっているということ。

そのため、ビズリーチは税理士のために別途サービスを提供しています。

マイナビなど、一部転職エージェントも税理士特化型の求人サービスを提供していますが、やはり求人の年収という部分ではビズリーチが保有する求人には及びません。

あらゆる理由で、年収アップを考えている税理士のみなさんはぜひ、税理士に特化したビズリーチのサービスを利用してください。

ビズリーチの概要

  • 求人数:約92,000件
  • 採用企業数:約13,800社以上
  • 年収1000万円以上の求人約30000件以上
  • 対応地域全国

※2020年8月現在

キャリトレとビズリーチの違いとは?項目ごとに徹底比較!

ビズリーチの評判・口コミまとめ

今回は、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職求人サービスの『ビズリーチ』についておわかりいただけたでしょうか。

評判・口コミやメリットデメリットに加え、より転職成功の確率を高めるためのコツなども詳しく解説しました。

メリットデメリット
  • 高年収やハイクラスの求人を見つけやすい
  • ヘッドハンターの質が高い
  • 自分の市場価値を知ることができる
  • スカウトを受けられる
  • 利用開始には審査に通過する必要があり
  • 中には質の悪いヘッドハンターも
  • 無料での利用には限りがある
  • メールが届く件数が多い
  • スキルがないと転職できない可能性が高い
  • スピーディに転職したい方には向いていない
  • 他の転職エージェントと比較してサポートが少ない

有料会員や利用時の審査通過などをが設定されていることにより、利用にはフィルターにかけられているため、選ばれた企業や利用者だけが利用できる転職サイトです。

大手のように数勝負、と言いう訳ではなくなってしまいますが、ハイクラス・エグゼクティブ向けで確実にキャリアアップ・年収アップなどを考えている人にはおススメの転職サイトと言えるでしょう。

貴方の転職活動が上手くいくことを願います。

ハイクラス転職におすすめのサイト・エージェントランキング!成功率を上げるコツと対策

コメント