会社概要
会社概要

釜津田中学校訪問②レポート

2014年10月8日に訪問したのは、岩泉町立釜津田中学校。

今回が2回目の特別授業。前回は卓球の元日本チャンプを呼んで、部活動の特別指導も行いましたが、夏の中体連では3年生の一人が初の県大会出場を果たしたという報告を頂きました。

■ 授業内容:「もっとも大切なことを、大切にしよう」

まず、授業の最初に子どもたちへの質問。「もし1日が、25時間あるとしたら、残りの1時間で何をしたい?」その質問に対して、子どもたちは、「ゲーム」、「勉強」、「TVを見る」、「野球」などと答えていました。

それから、今、「やりたいこと」と「やるべきこと」を3つずつ書き出してもらい、1日で全部やる場合のランキングリストを作ってもらいました。ある子は、「早くやりたい順」という基準で作った子がいれば、「早く終わらせたい順」で作っていた子もいました。その後、「時間の使い方のタイプ分け」のワークに取り組んでもらい、時間管理のマトリックスの領域を1つずつ紹介していきました。

実際に「より良い1週間を計画してみよう」ということで、今回は大きな石のキットを実際に持って行き、子どもたちの代表に取り組んでもらいました。小さな石がつまっているバケツに必死に大きな石を入れていき、どうにか全部を入れようと知恵を絞っていました。当然のごとく、うまくいきません。そこで、講師から、空のバケツを渡されて、「パラダイムを変えて、もう1度やってみて。」と言われて、試行錯誤した上で大きな石を先に入れていきます。そして、最後に小さな石を注ぎ込むと、全て入るという体験をしてもらいました。

最後に3年生の女の子が代表して、「私は先延ばしのタイプで計画的にやらないタイプでした。今日「大きな石」や「1%」を大切にするということを学ぶことができました。受験生なので、1%を大切にして過ごしていきたいと思います。ありがとうございました。」というお礼の言葉を頂きました。

7つの習慣

東北地方の学校関係者様へ

フランクリン・コヴィー・ジャパンでは今後も継続的に東北地方の小学校・中学校を中心に7つの習慣の授業を無料で行っていきます。ご興味ございます学校関係者様、保護者の方はこちらからお問い合わせください。