On Leadership

フランクリン・コヴィーの新しいプログラムをご紹介!

これまで何度も経験してきたように組織開発・人材育成の課題は、研修をやればすべてが解決するわけではありません。

成熟したマインドセットを持つハイ・パフォーマーは深い思考を重ねることで知恵が生まれるという原則を理解しており、真のビジネスインパクトをもたらすために自身をアップデートする術を身につけています。これを組織的に展開するには,学びと実践の機会が「(年数回の)点ではなく、線として継続できるようにプロセス化する」必要があります。

そのような継続した育成プロセスを通して、実際のビジネス場面でも知恵を見出せる強い組織を築くことができるのです。

目先のノウハウの習得のみを目的にし、そのノウハウの有益性だけに注目し研修プログラムを評価・取捨選択しがちということです。

フランクリン・コヴィーの「新プログラム」は、ノウハウを学ぶのではなく、実践としてのフレームワークとマインドセットを習得することで、成果を生み出すリーダーやマネージャーを育てることができます。

世の中はかつてないほどのペースで変化しています。日々、リーダーは数えきれないほどの意思決定を行い、これまでになかった問題に立ち向かっています。昨日まで通用していたことが一夜にして変わってしまうこともあります。このような激しい変化は、そのリスクは高いものの、チームを導いて優れた成果を出し続けることができる人にとっては大きな見返りチャンスもあります。では、変化の度合いが大きく、スピードも速いこの現代において、

どうしたらリーダーは変化を先取りし、自分自身だけでなくチームも差別化することができるのでしょうか?

導入事例も多数紹介!「7つの習慣」プログラム体験会実施中!

第1部:リーダーのための4つの本質的な役割

フランクリン・コヴィーでは、2 年以上かけて、組織や企業がリーダーに現在と将来にわたって何を求めているかを調査しました。その結果、次のことができるリーダーを必要としていることがわかりました。

世界や物事を大きな視野で考えてすばやく順応する。

戦略を現場が効果的に実行できる、有意義な仕事に転換する。

部下たちがパフォーマンスを高められるようコーチングする。

「リーダーのための4つの本質的な役割」は、リーダーとはどうあるべきか、リーダーは何をするかを深く考えることに焦点を当て、フランクリン・コヴィー独自のフレームワークを用いることで、リーダーとしての本質的な役割を一貫性をもってマスターできるプログラムです。

登壇者:佐藤 亙(フランクリン・コヴィー・ジャパン取締役副社長)

開催日時:2018年12月5日(水)10:00〜12:00

参加対象者:経営者・管理職・拠点長・経営企画・人事・教育など、人・組織・経営の業務に従事している方

定員:100名※応募者多数の場合は抽選とさせて頂きます。

お急ぎの方はお電話でどうぞ TEL: 03-3264-7401(代)

導入事例も多数紹介!「7つの習慣」プログラム体験会実施中!

第2部:人を巻き込み、高い成果を生み出すチームマネジメント

「働き方改革」で様々な取り組みが実施される中、生産性低下の大きな原因の一つが、業務目標に対する達成度が低いことです。国際組織の「プロジェクトマネジメント・インスティテュート」の調査によると「組織の中で、期限内に決められた目標をチームで達成する」というプロジェクト化された業務の50%が『納期の遅れ』『予算オーバー』『目的の変更』などの失敗を含んで終わっていると言われています。第2部では、

プロジェクトマネジメントのプロセス管理で見落とされがちな点とは?

各プロセスでいかにして人を巻き込み期待通りの成果を出していくのか?

フランクリン・コヴィー流のチームマネジメントとは?

というポイントを踏まえて、プロジェクト化された各業務において高い業務推進力を養い、周りを巻き込み、高い生産性を達成していくために必要なマインドセット、スキルセット、ツールセットの紹介をしていきます。

登壇者:久保田 博己(フランクリン・コヴィー・ジャパン コンサルタント)

開催日時:2018年12月5日(水)13:30〜15:30

参加対象者:経営者・管理職・拠点長・経営企画・人事・教育など、人・組織・経営の業務に従事している方

定員:100名※応募者多数の場合は抽選とさせて頂きます。

お急ぎの方はお電話でどうぞ TEL: 03-3264-7401(代)

【開催概要】

開催日程:2018年12月5日(水)第1部:10:00〜12:00、第2部:13:30〜15:30

場所:TKPガーデンシティPREMIUM神保町 プレミアムガーデン

第1部テーマ:リーダーのための4つの本質的な役割

第2部テーマ:人を巻き込み、チームの成果を最大化するチームマネジメント

参加対象者:経営者・管理職・拠点長・経営企画・人事・教育など、人・組織・経営の業務に従事している方

参加費:無料