無料説明会
無料説明会

3ヵ月のプロセスで学ぶ、生産性を高める原則からみた

『テレワーク社員のための生産性向上』プログラム説明会

変わる働き方、変わらない原則

『7つの習慣®︎』の著者である、スティーブン・R・コヴィーは次のように言っています。

「変化が大きいほど、またチャレンジが困難であるほど、7つの習慣は有効なのだ。それは7つの習慣が普遍的な効果性の原則に基づいているからである」と。

今回、弊社はリモートワークにおける生産性向上をテーマとした新たなラーニング・プロセスを開発いたしました。
リモートワークを主テーマにしておりますが、その内容は卓越した生産性を達成するための原理原則に基づいたプログラムであり、どのような働き方にも適応できる考え方をベースにしております。

大きな成果を手にするための、効果性の原則に基づくパラダイムシフト

2011年の東日本大震災の直後には、「仕事優先」という考え方から、「仕事も頑張るけど、家族や自分の時間を大切にする」という、『ワークライフ・バランス』の意識が高まりました。

そして今、新型ウィルス感染拡大により、「毎日会社に通勤する」というこれまでの常識から、場所に縛られない「リモートワーク」という新しい働き方へのパラダイムシフトが起こっています。

ただし、業種や職種によってはこれまで通り現場での働き方を継続する組織もあれば、今回を機に今後さらにリモートワークを推進していくという組織もあり、その中で一層の働き方の変革、生産性の向上が求められるのです。
それ故、どのような働き方だとしても、大きな成果を手にするためには効果性の原則に基づくパラダイムとそのパラダイムに基づく行動が必要となります。

逆に言えば、変化の大きな時代こそ、効果性を高める普遍の原則に立ち戻ることが必要なのです。

特徴

プロセス・ラーニング
週ごとにインプットとアウトプットを繰り返し、実践を促し、習慣化します。
戦略的に設計された
プロセス
3ヵ月後のターゲットを明確にし、そこに必要な要素を段階的に体得できるように設計しました。

3ヵ月で得られる成果

  • パラダイム転換(時間をかけるのではなく、成果を出すことに重きを置く)
  • 最も重要な成果は何かを認識する。(最重要目標は何かを明確にする)
  • 時間とエネルギーの使い方を自己管理できる。(セルフコントロール)
  • バーチャルゆえに、より密で率直なコミュニケーションをとることができる。

なぜ今プロセス・ラーニングが必要?

研修は行動変容やKPI等の重要指標に影響を与えてこそ、本来の目的を果たします。

研修内で学ぶ「マインドセット」や「行動」の定着化に必要なアプローチは筋肉トレーニングと同じです。
1年後に理想の体型を実現したいのであれば、専任トレーナーのアドバイスのもと、達成したい目標の実現につながる栄養管理やトレーニングを日々積み重ね、習慣化することが必要になります。

フランクリン・コヴィー・ジャパンの、プロセス・ラーニングでは、戦略的に設計されたプロセスを元に、毎週インプットとアウトプットを繰り返すことで行動変容と組織人としてのマインドセットを実現します。

説明会概要

現在、開催予定の説明会はありません
  • ※ 時間・内容などは都合により予告なく変更する場合がありますので、ご了承ください。
  • ※ 各説明会とも、開催日の3営業日前17時までにお申し込みください。それ以降にお申し込みを希望される場合は、下記までご相談ください。
  • ※ 研修導入をご検討いただいている法人・組織を対象としておりますので、それ以外の目的でご参加の場合はお断りすることがございます。予めご了承ください。
  • ※ ご同業者の方はご遠慮願います。
  • ※ ご参加が確定された方には、別途ご案内の確認メールをお送りいたします(自動返信メールとは異なります)。
  • ※ 万が一、満席の場合はお断りすることがございますので、ご了承ください(残席の確認は、下記までお問い合わせください)。
  • ※ お申込み後1週間が経過しても確認メールがお手元に届かない場合は、大変お手数ではございますが、下記までご連絡ください。
  • ※ お申込み確定後のキャンセルは、お手数ですが下記までご連絡ください。
  • ※ セミナー当日は、お名刺をお持ちください。