ニュースリリース
ニュースリリース

緊急事態宣言解除後の対応について

この度、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された方々には、 謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。


5月25日に改正新型インフルエンザ等特別措置法に基づく緊急事態宣言が解除されました。


フランクリン・コヴィー・ジャパンでは約1か月半に渡り、リモートワークの推進、営業活動のオンライン化、研修のオンライン実施等に取り組んでまいりました。この間、お客様はもとよりパートナー企業の皆様のご理解、ご協力に深く感謝いたします。


とはいえ、緊急事態宣言が解除されたことで、気を緩めてしまえば、一気に感染の第2波が生じる恐れがあります。


そのため引き続き、弊社社員については「リモートワークの継続」「時差通勤」「3つの密を避ける」「手洗い・マスク使用の徹底」など、コロナウイルスは身近にあるとの意識を持って、行動して参ります。


また、当分の間、弊社開催のイベントはオンラインで実施、研修納品については導入企業様との連携を図った上で、感染予防策が十分に担保できる場合には対面によるサービスも再開します。また、より安全性を高めるためにオンラインによる納品も継続していきます。


今後もフランクリン・コヴィー・ジャパンは、社内外への感染拡大抑止と安全確保を最優先に、政府の方針や行動計画に基づき、迅速に対応方針を決定し実施してまいります。予防策の内容や、実施期間については、状況の変化に応じて対応してまいります。