ソリューション
ソリューション

アンサンブル

社員一人ひとりのストレス耐性を高めるメンタルスヘルス研修プログラム。

プログラム概要

対象

若手〜中堅社員

日数・時間

1日(9:00〜17:30)

提供形態

● コンサルタント派遣コース

解決する課題

予防領域において、一人ひとりのストレス耐性を高めるというアプローチをとおして、メンタルヘルス不調を防ぐことを目的としています。

内容・特徴

ストレスの仕組み

ストレス耐性を高める基礎としてストレスをどのようにして感じるのかということを理解します。わたしたちは、まわりの人や仕事や環境という出来事に接したときに、その出来事が自分が思った通りであれば「快ストレス」を、自分が思っているのと違う場合は「不快ストレス」を感じます。しかし、この「出来事」と「ストレス」の間には「自分がどうしたいのか」という「ニーズ(欲求)」と「自分がどう見ているのか」という「モノの見方」が存在します。そしてその2つはコントロール可能であることを学びます。

ストレスを感じたらどう対処すべきか 〜モノの見方を変えてみる

事実は1つでも、モノの見方を変えることによってその事実から受けるストレスの質は全く変わってきます。ここでは意識的にモノの見方を変えるいくつかのアプローチを演習やツールを使いながら学びます。

ストレスを感じない自分をつくる 〜4つのニーズを満たす

人間は誰でも、「知性」「身体」「精神」「情緒」という4つの基本的なニーズを持っています。そしてそのニーズが満たされていないことも、出来事に対してストレスを感じる大きな要因になります。ここでは4つのニーズをバランス良く満たすために日々できる活動について具体的に学びます。

参加者の声

参加者の声

業界問わず、社会人として大事な部分を再確認できた。特に情緒的エナジーの重要さを痛感しました。講師の方が、ユーモアを交えて話をして頂いた点が良かったです。

満足しました。よその国のことだから当てはまらない、ではなく、万人に共通して頷けるものでした。細かく具体的なアプローチの提示は素晴らしいです。意識するよう心掛けます。

新しい発見があり、グループワークも多くて面白かったです。ストレスを抱えやすい若手社員にも受講して欲しいと思いました。直接活かせることが多いので、早速取り入れようと思いました。

頭では理解しても、実践するのは難しいと感じたが、手法について知ることができて良かった。自分がストレスをため込まないためにも、できそうな所は取り入れたいと思います。講師の話が楽しく、聞きやすかったのが印象的です。

ストレスの発生を変える考え方などのヒントを得られたので良かったです。ものの見方をより多角的に、良い所を見つけ出せる力をつけたいと思いました。研修の進め方が、強すぎず、弱すぎず、思考の方向性を示してくださるので良いと思いました。

ストレスを軽減する上で、自分ではなかなか考え付かない捉え方をグループワークを通じて得ることができました。色々な考え方に触れることで気付きも大きくなるので良いと思います。

タイムテーブル

1日コース

1日目
午前9:00〜12:00
テーマコンテンツ
イントロダクション
  • ・ストレスとは
  • ・ニーズとエナジー
身体的エナジーを高める ・五感をつかってリフレッシュする
午後13:00〜17:30
テーマコンテンツ
知的エナジーを高める ・自分の才能や知識を広げる
精神的エナジーを高める ・ビジョンを描く
情緒的エナジーを高める ・信頼を築く
クロージング ・4つのエナジーをバランスよく高める