ソリューション
ソリューション

『オンライン版 新人・若手社員育成 PRO-ACT』

自ら考え、行動できる「自走」型人材を育成する

プログラム概要

対象
新入社員 / 若手社員(入社5年目程度まで)
期間
6ヵ月~1年間
提供形態
オンライン

「7つの習慣®︎」を新人・若手向けにアレンジ。
社会、経済環境の変化とともに新人や若手の持つ特性や課題は変化しています。また受け入れ側のメンターや上司に向けられる期待感や課題も変化しています。しかし「7つの習慣」の原則はどのような変化の中でも普遍であり、より有効です。今回、現代の新人・若手の特性に合わせつつ、効果性の原則に則って、メンターや上司と共に学習可能なプログラムをご用意いたしました。

解決する課題

新人・若手にとって:
  • セルフ・リーダーシップを育てる、世界で最も評価されている「7つの習慣」のフレームワークを継続的なプロセスを通じて学び、実践に結びつけることができる
  • マイクロ・ラーニングのスタイルをとるため、毎日、少しずつ無理なく学習を進めることができる
  • ただインプットするのみではなく、メンターと共に考え、言語としてアウトプットすることで思考を深め、実践に結びつけることができる
  • 新人・若手社員とメンターが繰り返しコンテンツに触れることで、「7つの習慣」の各フレームワークを共通言語化し、強いカルチャーを作りだすことができる
メンター・上司にとって:
  • 新人・若手と同じフレームワークを使ってコミュニケーションすることで相互の理解度が高まる
  • 定期的なメンタリング機会を「ただコミュニケーションする時間」ではなく、「定められたテーマについてお互いの意見や考えを共有する場」に変えることで、お互いにより深い思考の場を持つことができる
  • メンター、上司自身が「7つの習慣」のフレームワークを学び、自分自身の効果性が高まる
  • 共通言語と共通のフレームワークを通じてチームの効果性を高め、より高い成果を達成することができる

プログラムの特徴

  1. 提供形態:オンライン
    若手に特化したストーリーやフレームワーク、映像教材を用いた多様なインプットと、コメント投稿やワークシートのアウトプットを繰り返すことで学びを深めます。
  2. コンテンツ:「7つの習慣®︎
    「7つの習慣®︎」を新人・若手向けにアレンジし、主体的なマインドセット(Proactive Mind)と、プロフェッショナル社員として適切な行動(Professional Act)を身につけることを支援します。
  3. プロセス・ラーニング
    「7つの習慣®︎」を毎週30分のリズムで6ヵ月~1年間学び続けることで思考の習慣をつくるとともに、長期学習で現場での実践につなげます。
  4. メンター合同
    新人・若手のエンゲージメント向上や離職防止、成長支援のためのメンター・上司との共通理解醸成やコミュニケーションを促します。さらに、共通の言語、思考フレームを共有することで、課題解決の支援がしやすくなります。

なぜ今プロセス・ラーニングが必要?

多くの企業様から、研修を開催してもただのイベント事で終わってしまい、行動変容までには至らず、期待した効果が出ないというご意見をいただいてきました。

人材育成の本来の目的は参加者自らが行動変容を起こし、その行動によって業績の向上やブランド価値の向上に結びつけることです。

育成プログラム内で学ぶ「マインドセット」や「行動」の定着化に必要なアプローチは筋肉トレーニングと同じです。1年後に理想の体型を実現したいのであれば、専任トレーナーのアドバイスのもと、達成したい目標の実現につながる栄養管理やトレーニングを日々積み重ね、習慣化することが必要になります。

本プログラム『PRO-ACT』では、毎週インプットとアウトプットを継続して繰り返すよう設計されたプロセスにより、組織人としてのマインドセットと行動変容を実現するお手伝いをします。