FranklinCovey Blog

フランクリン・コヴィーの3つの特徴と研修プログラムのご紹介

フランクリン・コヴィーの3つの特徴

スティーブン・R・コヴィー博士が、過去200年間の成功に関する文献を研究し、長期に渡り成功するための原則を体系立てまとめたロングセラービジネス書「7つの習慣」。
今や研修プログラムとしても、米国フォーチューン500社の75%に導入され、世界150カ国にて展開されています。

フランクリン・コヴィーの研修プログラムが、一般の研修プログラムと違う特徴として、以下の3つがあげられます。

1普遍的な原則である

まず、当社の研修プログラムは、時代に関係ない、業種業態に関係なく、研修成果を出し続けている点があげられます。

研修会社の多くは時代のトレンドを追うように興味喚起すべく研修コンテンツを作り上げています。
いわば時代にあわせて売れるコンテンツを作り続けているため、すっと使えるかどうかはわからないというデメリットがあります。

その点、当社の研修プログラムは創業当初から大きな変化はありません。
20年間同じコンテンツを使っている研修会社はとりわけ国内では稀有な存在といって良いでしょう。

2フレームワークが用意されている

2点目の当社の研修プログラムの特徴は多彩なフレームワークが用意されている点です。
抽象度が高いモデル図を活用することで、受講者が自分で答えを見出していく形式をとっています。
当社の研修プログラムに他社から乗り換えた企業様の多くがその点を評価しており、「フレームワークや映像がわかりやすい。」という評価をいただいております。

3共通言語化ができる

3点目の特徴は「共通言語化ができる」という点です。
フレームワークの中にも共通言語化できるワードはたくさんありますが、それ以上に参加者自身が言語化することにより共通言語化が促進され、コミュニケーションロスや社員同士の相互理解が促進されます。

これは、研修プログラムのファシリテーションの中に秘密があります。
参加者が自分で考え、自分の言葉で発言してもらうのがファシリテーターの役割です。
ファシリテーターは参加者の声を引き出すような質問を投げかけることにより、参加者自身で言語化するお手伝いをしています。

当社では20名以上の公認ファシリテーターが在籍しておりますが、全員が1〜2年の訓練を経ており、各々が様々なバックグラウンドを持っています。

また、この「ファシリテーション」は、属人化しないノウハウをもとに培われてきたもので、
そのノウハウは「社内ファシリテーター制度」として企業様にも導入いただいております。

これにより、人気講師頼みの研修とは違い、安定した研修価値を提供することが可能になっているのです。

 

研修プログラムのご紹介

「リーダシップ」の研修プログラム

7つの習慣 SIGNATURE EDITION 4.0(セルフリーダーシップ)

個人がリーダーシップを発揮しながら、長期的・継続的に望む結果を生み出す為に必要な習慣を体系化したものです。これらの習慣を身に付けることによって、個々人の「人格」と「能力」を高め、組織におけるシナジーを最大限に作り出すことを目的としています。従来の「学び」や「気づき」といった意識改革に留まらず、「実践」と「定着」にフォーカスした内容と、現実的な行動変容プロセスを通じて、個々人から始まる組織変革を継続的にサポートする研修プログラムです。

7つの習慣 マネージャー(管理職層向け)

「7つの習慣」のフレームワークをマネージャーの視点で捉え、学び、ビジネスシーンで応用・実践するための研修プログラムです。

第8の習慣 リーダーシップ(経営層・管理職層向け)

リーダーが部下やメンバーの内発的なモチベーション向上を促し、潜在的な力を引き出すことで、チーム・組織としてのパフォーマンスを最大化することを目的としています。働き方が多様化する今日の知識社会・情報社会において、結果を出すリーダーに求められる必須条件を「マインド」「スキル」「ツール」のセットで習得する研修プログラムです。

リーダーの4つの役割(管理職層向け)

曖昧に理解されがちな「リーダーシップ」と「マネジメント」の違いを明確に定義し、激変の時代におけるリーダーシップの重要性を学びます。リーダーシップに対する根本的な考え方に働き掛け、メンバーを巻き込み結果を出すリーダーとして、最低限持つべき役割をシンプルなフレームワークに集約して学ぶ研修プログラムです。

ビジョナリー・キャリア(中堅社員向け)

単に社内でのキャリアパスを考えたり、キャリアプランを作成するのではなく、変化の時代に対応するセルフ・リーダーシップを育むと同時に、今後のキャリアビルディングに不可欠な3つのステップを学び、実践するプログラムです。

マスターピース(シニア社員向け)

役職定年による処遇やキャリアの変更など、新たな役割や働き方が求められているシニア世代を対象に、仕事に対する新しい目的意識やセカンドキャリアを見出して頂く研修プログラムです。

ビジョナリー・ウーマン(女性一般社員向け)

様々なライフイベントが仕事に影響を与えることの多い女性を対象に、現在自分が置かれている状況を全く別の角度から見ることで、仕事に対する前向きなマインドを醸成する研修プログラムです。

ディスカバリー(新入社員向け)

新入社員が一日も早い独り立ちを経て、組織の重要な戦力として成長するために、「組織人」として必要なプロフェッショナルマインド(思考・心構え)を育むことを目的とした研修プログラムです。

7つの習慣 アソシエイツ(若手社員向け)

若手社員向けに「7つの習慣」の私的成功に重点を置き1日に凝縮してご提供する研修プログラムです。

7つの習慣 cse

「7つの習慣」のエッセンスを約8時間のeラーニングで学習できるプログラムです。

7つの習慣 Habitizer

「7つの習慣」研修で学んだ内容を事後のセルフアセスメント結果に紐付け、受講者同士のSNSを通じてフィードバックを行いながら、具体的な行動習慣に繋げる最大4ヶ月のフォロープログラムです。

アンサンブル

社員一人ひとりのストレス耐性を高めるというアプローチで、メンタルヘルス不調を予防することを目的とした研修プログラムです。

キャロット・カルチャー

レコグニション(褒めること、認めること)を通して、チームメンバーを尊重し、貢献を評価し、エンゲージメントを高めるためのマインドとスキルを習得する研修プログラムです。

「戦略実行」のプログラム

4Dx実行のための4つの規律(プロセスコンサルティング)

組織・チームの重要戦略を策定し、目標達成へ向けたメンバーのコミットメントとアカウンタビリティを高めながら、チームで実行するための仕組みとプロセスを導入します。一回回切りの研修プログラムではなく、一貫したプロセスでご提供する成果直結型のコンサルティングサービスです。

xQソリューション(経営層・管理職層向け)

組織やチームにおける「実行力」を診断し、具体的な解決策を見出すオンラインサーベイ、及びコンサルティングサービスです。

「知的生産性」の研修プログラム

5つの選択

一定のアウトプット(成果・完成品)に対して、単にインプット(時間・コスト)を減らすといった従来の生産性向上の考え方から離れ、より大きなアウトプット(付加価値)を生み出すために、いかにインプット(考え方や行動)を選択し、そこに注ぐエネルギーをマネジメントしていくかという新しい観点から、「卓越した生産性」の実現を目指すことを目的とした研修プログラムです。

プライオリティ

時間管理の観点から、個人の価値観に基づいた最優先事項にフォーカスし、生産性を高めていく方法を学ぶ研修プログラムです。

プラニング・クエスト

ルーティング業務以外のすべての仕事を「プロジェクト」と捉え、明確なゴールのもと、プロジェクトの立案・遂行・管理に関する実践的なスキルを身に付ける研修プログラムです。

ビジネス・シンク

思いつきのアイデアや解決策ではなく、効果的な意思決定プロセスを学びます。問題の本質を見極める洞察力を養うとともに、的確な意思決定やイノベーションの実現へと導くビジネススキルを習得する研修プログラムです。

「信頼」の研修プログラム

スピード・オブ・トラスト リーダー(管理職向け)

掴みどころのない抽象的な概念である「信頼」の実態を捉え、具体的に「信頼」を築く方法を身につけることで、組織における人間関係やコミュニケーションを劇的に改善し、組織内に蔓延する見えないコストを取り除きます。リーダーの信頼性と影響力を拡大し、「信頼」文化を醸成していく最新のリーダーシップ研修プログラムです。

「営業パフォーマンス」の研修プログラム

ヘルピング・クライアンツ・サクシード

「顧客はソリューション(商品・サービス)そのものを買うのではなく、それらがもたらす価値を買う」という考え方から、真のソリューション・セールスのあり方を学びます。初回訪問における顧客との信頼関係構築に始まり、ニーズの発掘から提案、そしてクロージングまで、「顧客の成功を支援する」営業プロセスを体系的に身に付ける研修プログラムです。

記事一覧