Franklin Covey

コロナ時代のウェルビーイング経営に『7つの習慣』

「ウェルビーイング」それは、肉体的にも精神的にも、そして社会的にも満たされた状態(=幸福)です。ギャラップ社の調査でウェルビーイング状態の社員が多いほど、組織の生産性は高まるという結果がわかりました。
コロナ禍でソーシャル・ディスタンスが求められている昨今、私たちはどのようにして社員のウェルビーイングを維持することができるのでしょうか?こちらの資料では、そのヒントをご紹介しております。
 

コロナ時代のウェルビーイング経営に『7つの習慣』

  1. ウェルビーイングとは?
  2. 組織がウェルビーイングに取り組むべき理由
  3. コロナ禍によるウェルビーイングへの影響
  4. 解決のためのフレームワーク「全人格型パラダイム」
  5. 全人格型パラダイムの個人への応用〜『7つの習慣』の実践
  6. 全人格パラダイムによるリーダーシップ〜『リーダーのための4つの本質的な役割』
  7. 劇的な環境変化にも耐え、勝ち続ける組織を作るためのWinning Culture

フォーム送信後にファイルのダウンロードが始まります。

お客様の個人情報は弊社のプライバシー ポリシーに従って取り扱われます。

必須
必須
必須
必須
必須
必須
必須