Franklin Covey

アンコンシャス・バイアスをめぐる7つの誤解

アンコンシャス・バイアスは、その名の通り「アンコンシャス(無意識)」のものであるため、特定することが難しく、その影響を知ることもできません。これは複雑な問題であり、時には組織内でも議論の的になることがあります。

そのため「どのように対処すればいいのか」という点について、多くの認識や誤解があるのも不思議ではありません。本資料では、そうした誤解の内容とそれにどう向き合うべきかに関するヒントをご紹介しています。

ご紹介項目
誤解 その1: アンコンシャス・バイアスのほとんどは性別と人種がらみ
誤解 その2: バイアスとは、特定のグループを嫌うこと
誤解 その3: 自分のアンコンシャス・バイアスはどうすることもできない
誤解 その4: アンコンシャス・バイアスは微妙で捉えにくいものなのに、それによって傷ついた人は過剰に反応しすぎている
誤解 その5: 目立ったバイアスがあまり問題にならなくなったので人々はアンコンシャス・バイアスについて語りだした
誤解 その6: 職場でバイアスの対象となった場合、それに対処する価値はない
誤解 その7: 協力者になることは自分のバイアスをより抑制できることを意味する

フォーム送信後にファイルのダウンロードが始まります。

お客様の個人情報は弊社のプライバシー ポリシーに従って取り扱われます。

必須
必須
必須
必須
必須
必須
必須