ソリューション
ソリューション

プロジェクトマネジメント・エッセンシャル

目標を決まった期限内にチームで達成するスキルとマインドを身につける

プログラム概要

目的・課題

多くの業務がプロジェクト化している

本プログラムでは、『プロジェクト』を次のように定義しています。「独自のサービス・製品・成果を生み出す為に行われる開始と終了のある一時的な取り組み」。例えば、営業目標の達成。Softwareの開発。コスト削減目標の達成。採用活動。つまり、ほとんどの業務の仕事が『プロジェクト』化していると言えます。そして、各プロジェクトには、それらをまとめる役割の人がいます。そのような方々が、いかにしてプロジェクトを成功に導くことができるでしょうか。

50%のプロジェクトは何らかの失敗を含んで終わっている

実はほとんどのプロジェクトが何らかの形で失敗してしまうというデータがあります。プロジェクトの進行が不十分なことで、予算やタイムスケジュールの目標を下回っている場合に失っているのは、単なるお金だけではありません。それは評判であり、信頼です。なによりもクライアントの信頼を回復不能な影響をを与えてしまう可能性があります。そうならないためにも、専任のプロジェクトマネージャーを置くだけではなく、“非公式のリーダー”としてプロジェクトマネジメントのスキルを用いてチーム全体に影響を与えることです。

ソリューション
PMI

このプロジェクトマネジメントの精度を高めるために、世界最大のプロジェクトマネジメントの組織であるProject Management Institute (PMI)の知見も取り入れました。そして、彼らの確立したプロセスに、フランクリン・コヴィーの30年の経験と普遍の原則を加えて一貫したプロジェクト成功のためのスキルとマインドを提供することができるようになりました。

プロジェクトマネジメントとは、単にロジスティックスを管理したり、プロジェクトメンバーが正しく機能してくれると望むことではありません。“非公式のリーダー”としての役割はこれまで以上に重要となり、プロジェクトメンバーがプロジェクトの成功に貢献したいといった思いを持てるよう導くことが求められます。

期待できる効果
メンバーのストレスが軽減され、よりコントロールすることができるようになり、一貫した成功を収めます。
  • チームメンバーが個人的に完了したプロジェクト、共同作業の意欲、そしてチームメンバーの一員がステップアップしてプロジェクトを担当する能力に目を向けると、プロジェクトの失敗は劇的に減少します。

対象

階層・職種問わず、すべてのビジネスパーソン

こんな課題をお持ちの方におすすめです
  • ● 営業目標の達成、Softwareの開発、コスト削減目標の達成、採用活動の成功させたい。
  • ● 組織の中で、目標を決まった期限内にチーム等で達成したい。
  • ● 携わる案件が多く、どれも中途半端になってしまっている。
ラーニングプロセス

学習・実践プロセス

「プロジェクトマネジメント・エッセンシャル」では、5週間クイックスタートのラーニングプロセスを通して「実践」と「定着化」に焦点を当てています。ラーニングプロセスはワークセッションの前から始まります。

研修プログラムの中に、従来の学びや気づきはもちろんのこと、コミットメントを守ることで、研修での学びを実業務に落とし込んでいくことができるよう工夫されています。

教材・ツール

プログラム提供形態

  • ●コンサルタント派遣コース(1日/2日間)
  • ●社内ファシリテーター養成制度(集中養成コース)
タイムテーブル

1日コース(9:00~17:00)

1日目
午前9:00〜12:00
テーマコンテンツ
はじめに
  • ・プロジェクトの継続的な成功は「人員」と「プロセス」にかかっていることを理解する
  • ・チームメンバーが効果的に行動するよう促すのに必要な「4つの基本的行動」を理解する
立ち上げ
  • ・全ての利害関係者を特定する
  • ・プロジェクトの測定可能な成果が何かを明確化する
  • ・プロジェクトスコープを文書化できるようになる
午後13:00〜17:00
テーマコンテンツ
計画
  • ・プロジェクトのリスクを特定・分析・マネジメントする
  • ・現実的で賢明なプロジェクトスケジュールを作成する
実行
  • ・チームメンバーがプロジェクトに対してアカウンタビリティをもてるようにする
  • ・アカウンタビリティ・セッションを定期的にもつ
監視・コントロール
  • ・透明性のあるコミュニケーションを実現する報告書や変更管理書を作成する
終結
  • ・プロジェクトに貢献したメンバーに必要な報奨を与える
  • ・プロジェクトからの学びを文書化することをもってプロジェクトを完了する

※ いずれも同じコアコンピテンシーを取り上げますが、2日間コースでは演習を追加してより学びを深めていきます。