ソリューション
ソリューション

ディスカバリー

「組織人」としてのプロフェッショナルマインドを育む新入社員研修。

プログラム概要

目的・課題

「学生」から「社会人」ではなく、「組織人」への意識変革を目指す

ビジネスにおける組織には、お客様、パートナー、地域・社会、株主など利害関係者と呼ばれる方々が深く関わっています。私たち組織の存在価値は、そういった利害関係者の「期待・ニーズ」に応えて「成果」を出すことで初めて生じます。
フランクリン・コヴィーでは、同じ社会人でも組織の一員としての役割と責任を自覚し、「プロフェッショナル」と呼ばれるにふさわしいレベルの社会人を「組織人」と表現し、区別しています。また、「組織人」の仕事とは単に業務をこなす、処理するのではなく、利害関係者の期待・ニーズに対して成果(価値)を出すことによって応えることと定義しています。

フランクリン・コヴィーが目指すレベルは「社会人」への意識改革ではなく、「組織人」への意識変革です。その礎をスタート時点からしっかりと築いておくことが肝心です。

ソリューション

新入社員研修「ディスカバリー」は、新入社員が1日も早い独り立ちを経て、「組織人」として貢献し、成果を出していくために必要なマインド(思考・心構え)を身につけることを目的としたプログラムです。 4つのマインドから構成されており、クオリティの高い映像や実践的な演習・ツールを通じて、新入社員がより多くの気づきとともに、「組織人」としての成長意欲を高めることができます。結果的に自発的な行動変容が促され、早期に活躍できる人材を育成することが可能になります。

期待できる効果
  • ● 「組織人」としての自覚を促し、自分の役割や目標が明確になります。
  • ● これまでとは違う新たな視点を得ることで、柔軟な発想ができるようになり、行動や結果にも変化が現れます。
  • ● 能力を高めるための知識・スキルだけではなく、マインド(考え方・心構え)を磨くことの必要性も理解します
  • ● マインドの土台の上に知識・スキルがあってこそ、初めて効果的な育成につながります。

対象

新入社員(カスタマイズにより内定者、新人フォローアップ研修としてもご活用いただけます)

このような課題をお持ちの方におすすめです。
  • ● 新入社員の早期戦力化を図りたい。
  • ● 自ら考えて行動できる人材に育ってほしい。
  • ● 指示待ちではなく、自ら考えて働く主体的な人材が必要。
  • ● 組織の一員としての責任を自覚し、期待に応える人材に育ってほしい。
  • ● 知識やスキルだけではなく、ビジネスパーソンとしてのマインドを醸成したい。
ラーニングプロセス

学習・実践プロセス

入社直後の新入社員研修における学びや気づきに加え、効果的なツールにより日々の実践を促します。また、半年~一年後には、配属先での仕事に慣れてきた新入社員に対して、コンテンツの振り返りとともに実体験に紐付けたフォロー研修を実施することも可能です。

教材・ツール

コンテンツ映像

研修中にご覧頂くビデオ映像の一部を短縮版でご紹介します。

“See-Do-Getサイクル”
“貢献”

プログラム提供形態

  • ●公開コース(2日間/1日)
  • ●ファシリテーター派遣コース(2日間/1日)
  • ●社内ファシリテーター養成制度(集中養成コース/ウェブ養成コース)

講師インタビュー

導入事例・参加者の声

導入事例

参加者の声

組織人としての意識付け、成果を出すためには何が必要なのか、考えさせられました。

リアルな具体例がイメージをつかむのに役だった。

社会人には誰でもなれるが、プロの組織人となるにはどうすべきか、あいまいな部分を明確に指南していただけた。

今日まで、頭では理解していた、考えていた、自分の欠点の改善方法、明文化されていてとても参考になりました。これを活かして本当の大人、組織人になりたいと思います。

普段なんとなく感じていたことが理論的に言語化し見える化できたので、大変わかりやすかったです。これから実行したいと思いました。

組織人としての心構えや行動指針を学ぶことができた点。今まで自分ができていない部分も多く、あらためて重要だと思った。

自分の考え方がまだ学生気分だったので組織人の心構えをしっかり知ることができました。学生気分を抜け出せたように思います。

入社当初はまだあまり社会人としての実感がありませんでしたが、この研修を通して、学生時代との違いをはっきりと実感でき、自社の組織人としてがんばっていこうと思いました。

この2日間といった短い期間内である中、内容の濃い、これからの社会人、自社の組織人として生きていくことに応用できると思います。

「知っていること」から「していること」。とても印象に残る言葉でした。これから組織人のスタートとして、必要最低限守らなければいけないことを吸収した。

当たり前に思っていたことでも、ここまで深く考えていくと、新しい発見が幾つも見つかってきました。チームワークの大切さやオーナーシップ性などをこれからもっと大きく自覚し、伸ばしていくことで、より優れた組織人になれるよう頑張って参ります。

タイムテーブル

2日間コース(9:00~17:00)

1日目
午前9:00〜12:00
テーマコンテンツ
組織人
  • ・期待
  • ・ニーズに応えて成果価値を提供する
  • ・根も葉もある人材になる
「プロ意識」を見出す ・パラダイム転換
午後13:00〜17:00
テーマコンテンツ
「プロ意識」を見出す
  • ・オーナーシップ
  • ・自律

2日目

午前9:00〜12:00
テーマコンテンツ
「目的・意義」を見出す
  • ・仕事の目的
  • ・仕事の意義
午後13:00〜17:00
テーマコンテンツ
「ソリューション」を見出す ・チームとして成果を生み出す
「ポテンシャル」を見出す
  • ・信頼
  • ・自分を磨く
まとめ ・初心表明

1日コース(9:00~17:00)

通常の2日間コースを1日に凝縮し、「組織人」と「プロ意識」にフォーカスしたプログラムです。

1日目
午前9:00〜12:00
テーマコンテンツ
組織人
  • ・期待
  • ・ニーズに応えて成果価値を提供する
  • ・根も葉もある人材になる
「プロ意識」を見出す ・パラダイム転換
午後13:00〜17:00
テーマコンテンツ
「プロ意識」を見出す
  • ・オーナーシップ
  • ・自律
「目的・意義」を見出す 概要のみ
「ソリューション」を見出す 概要のみ
「ポテンシャル」を見出す 概要のみ
まとめ ・初心表明