ソリューション
ソリューション

7つの習慣® マネージャー

自分自身をマネジメントし、人を導くためのセミナー。

プログラム概要

対象

管理職

日数・時間

2日間(9:00〜18:00)

提供形態

  • ● 公開コース
  • ● コンサルタント派遣コース
  • ● 社内ファシリテーター養成制度

解決する課題

マネージャー職にある方々が「7つの習慣®」のフレームを使って、個人として組織の貢献を明確にしながら、マネージャーとして、チームの可能性を最大限に引き出し、組織を成功に導くためのアプローチを学びます。

内容・特徴

「7つの習慣®」を新しい視点から捉えた、新たなマネジメント・スタイルの研修です
  • ● マネージャーとして「自らをマネジメントする」新しいパラダイムを学びます。
  • ● マネージャーとして、ビジネスの現場で応用できるように設計された「7つの習慣®」です。
  • ● 「7つの習慣®」の管理職向けフォローセミナーとしても最適です。

教材・ツール

「7つの習慣®マネージャー」セミナーでは、以下のツールを活用します。
  • ● 事前学習
  • ● 参加者テキスト
  • ● ワークシート
  • ● ワークシートCD
    (受講後、ご自身の職場で実際にワークシートを活用して頂くためのフォーマット・データ)
  • ● オーディオCD
    (マネージャーとしての「7つの習慣®」活用法則に関するスティーブン・R・コヴィーによる説明を収録したCD)
  • ● 冊子「マネジメント・エッセンシャル」
    (マネージャーという役割に関してより深い理解を得るための冊子)
  • ● リファレンス・カード
    (セミナーのキーフレーズを、携帯可能なカードサイズにまとめたもの)
参加者の声

参加者の声

マネージャとして、いくつかの新しい視点を得ることができました。管理職の方は受講するべき研修だと思います。休み時間などにも質問に対して色々アドバイスを頂けたため、理解が進みました。

今まで自分が持っていたマネージャー視点とは全く違う見方に気付きました。皆で考え、見つめ直す時間があり、参加する価値があると思います。特に、感情移入の傾聴はすぐにでも実践できると思いましたし、きちんと例を出してくれるので、理解しやすかったです。

マネージャーという同じ立場で、周囲の方にも恵まれ、課題を一緒に考えてもらうこともあり助かりました。全体のムードを大切にしてもらえ、リラックスして受けられました。

7つの習慣をそれなりにわかっているつもりでいましたが、マネージャーとして新たな視点を与えて頂いたと思います。とても聞きやすく、わかりやすい説明に加え、特に不都合な点もなく、心地良く受講することができました。すばらしい研修だと思います。

管理職として複数の大事なポイントを学び、大変満足しました。ビデオとロールプレイも効果的だと思います。すぐに全てを実践することはできないかと思いますが、取り入れていきたいです。講師のお話が明快で、実体験に基づく説明もわかりやすかったです。

とても満足しております。受講させて頂いて良かったと心から思いました。自分を見つめ直す良いきっかけになりました。「知っている」を「している」に変えていこうと思います。色々気配りして頂き、ありがとうございました。

タイムテーブル

2日間コース

1日目
午前9:00〜12:00
テーマコンテンツ
基礎原則
  • ・インサイド・アウト
  • ・成長の連続体
第1の習慣
「主体的である」
  • ・障害ではなく、選択肢に目を向ける
  • ・影響できることにフォーカスする
  • ・資源を制限せず、広げる
午後13:00〜18:00
テーマコンテンツ
第2の習慣
「終わりを思い描くことから始める」
  • ・あなたが望む独自の貢献を明確にする
  • ・いつでも、どこでも現実的な結果を明確にする
第3の習慣
「最優先事項を優先する」
  • ・緊急事項だけでなく、重要事項に集中する
  • ・「最重要目標」を立てる
  • ・週間計画を立て、毎日実行する

2日目

午前9:00〜12:00
テーマコンテンツ
第4の習慣
「Win-Winを考える」
  • ・勇気と思いやりのバランスを保つ
  • ・Win-Win実行協定を作成する
  • ・信頼口座への預け入れをし、信頼を築く
第5の習慣
「まず理解に徹し、そして理解される」
  • ・共感による傾聴を実践する
  • ・正直で的確なフィードバックをする
午後13:00〜18:00
テーマコンテンツ
第6の習慣
「シナジーを創り出す」
  • ・単に受け入れてしまうのではなく、相違点を見出す
  • ・新しくより良い選択肢に到達するためにシナジーを創り出す
第7の習慣
「刃を研ぐ」
・チームメンバーを「一人の人間」と見て、接する