マネジメントで経営課題を解決!具体的なスキルを高める方法とは

組織目標を達成するために、管理や運営体制を見直したいと考えている経営者や幹部の方もいるのではないでしょうか。企業目標を達成するにはマネジメントの力が重要です。本記事では、マネジメント力を強化したいと考えている経営者や幹部の方に向けて、マネジメントの手法やよくある課題、解決方法などを解説します。ぜひ参考にしてください。

マネジメントとは?定義や意味・役割

「マネジメント」という言葉自体は聞きなれていると思いますが、基本にもどってマネジメントの定義や意味、役割を確認しましょう。

マネジメントの定義

マネジメントとは、企業や組織の成果を上げるため、ヒト・モノ・カネといった経営資源を効率よく活用して、目標やミッションの達成を目指すことをいいます。

マネジメントという概念は、アメリカの経営学者であるピーター・ファーディナンド・ドラッカー(P.H.ドラッカー)が1973年に出版した書籍「マネジメント」の中で提唱した言葉であり、組織の成果に対する効率を上げるための道具、考え方です。

マネジメントの役割

マネジメントの役割は企業の目標を達成する上で重要です。企業が経営状態を改善するさい、マネジメント力に着目し、改善・強化することで、人材やリソースがより効果的に機能し、成果や業績の向上につなげることが期待できます。

企業にとって「マネジメント」が必要な理由

昔から、どうして企業にはマネジメントが必要といわれているのでしょうか。それはマネジメントが企業を持続的に発展させるために必要だと考えられているからです。

なぜなら、組織が目標としているものを明確にし、それを達成するために必要な組織を作り上げる上でマネジメントは大きな鍵となるからです。

組織に対するマネジメントの役割とは

組織に対するマネジメントの役割とはどういったものがあるのでしょうか。ここで解説をします。

ミッションの達成

マネジメントをきちんと行うことで、目標に対して成果を上げることができます。各組織の目的やミッションを具体的にし、把握した上で、適切にマネジメントできれば、組織の持続的な発展が可能になります。

働く人を活かす

働く人の能力を活かして、仕事を通して自己実現が可能な機会や対価を与えることもマネジメントの重要な役割です。マネジメントがしっかりと機能すれば、一人ひとりの強みを活かしながら企業活動を推進することができます。

社会へ貢献する

マネジメントでは、企業の活動は最終的には、世の中のためにあるべきと考えられています。そのため、社会のニーズに応えるための考えでもあり、内部から社会貢献の考え方を変えていくことができます。

マネジメントは具体的に何をするのか

マネジメントは具体的に何をすべきなのかを解説します。

目標とゴールの設定

効果的なマネジメントを行う上で、目標・ゴールを明確に示す必要があります。組織に関わる人たち全員が具体的な目標・ゴールを把握できるようにすることが重要です。

組織化をする

業務を効果的に遂行できるよう、組織体制づくりや必要に応じて組織体制の見直し、調整を行います。各組織や部署、担当者ごとの目標・ゴールを設定し、実際にマネジメントを行う担当者なども決めていきます。

モチベーションの維持

仕事をする際のモチベーションの維持をはかるために、インセンティブや報酬、昇進昇格を設定します。

評価基準の設定、分析・評価、フィードバック

従業員が組織の目標や成果、自分が担当する仕事と向き合えるように、評価基準の設定や分析・評価、フィードバックの環境を整えます。

強みを活かした人材育成

マネジメントが機能していないと人材の力を引き出せず、強みを引き出せないままになる可能性があります。強みを活かした人材育成を、マネージャーを含めた全社員に向けて行う必要があります。

階層別マネジメント手法とは?3つの種類

階層別マネジメント手法は役割によって3種類に分けられており、それぞれに求められるものが違います。

トップ・マネジメント

組織のトップに立つ経営者や経営者陣のことで、会長や社長、専務などの取締会のメンバーなどです。トップ・マネジメントは、組織の方針を決めて、総合的に意思決定を行う企業にとって最も重要な層であるといえます。

ミドル・マネジメント

現場の管理者はローアー・マネジメントとトップ・マネジメントの間に位置していて、日本では「中間管理職」と呼ばれています。トップである経営層と現場の従業員をつなぐパイプ役でもあり、組織の意思疎通には欠かせません。組織が大きければ多いほどに、重要なポジションであるといわれています。

ローアー・マネジメント

係長や主任、現場リーダーなどが該当するのがローアー・マネジメントです。組織の戦略や目標達成に必要な施策を現場の活動へ反映させます。上層部が描いた組織ごとのビジョンを実現させるために動きます。

業務別!マネジメントの3つの手法

業務別でのマネジメントの3つの手法について解説をします。

組織運営

組織運営には、チーム・マネジメントとナレッジ・マネジメント、プロジェクト・マネジメントという手法があります。チーム・マネジメントはチームリーダーに求められる手法です。小規模の組織をまとめて、コミュニケーションを図りメンバーを育成します。

プロジェクト・マネジメントは、計画立案から、進捗管理や人員管理までを行い目標達成を目指します。ナレッジ・マネジメントでは、組織全体の底上げをするために、各個人が持っている経験や知識、スキルを共有し、パフォーマンスの向上を促します。

人材管理

人材管理には、タレント・マネジメント、モチベーション・マネジメント、パフォーマンス・マネジメントがあります。タレント・マネジメントは、組織で活躍している優秀な人材をタレントとして、持っている能力を把握して、人材の配置や育成を適切に行う手法です。

モチベーション・マネジメントはその名の通り、モチベーションを維持できるように各従業員の業務に対する動機付けを行う手法です。パフォーマンス・マネジメントはモチベーションだけでなくスキルを向上させつつ、目標の達成を目的としたマネジメント手法をいいます。

メンタルヘルス

メンタルヘルスには、メンタルヘルス・マネジメント、ストレス・マネジメント、アンガー・マネジメントがあります。メンタルヘルス・マネジメントは心の健康に対してのマネジメントで、ストレスだけでなく、メンタル全般へのケアを含んでいます。

ストレス・マネジメントは、定期的なストレスチェックやコントロールをして、パフォーマンスの向上をはかります。アンガー・マネジメントは、怒りの感情を知り、コントロールすることで、感情的な発言や行動を控えて、適切なコミュニケーションを目指す手法です。

マネジメントに求められる4つのスキル

ドラッカーがマネジメントに必要なスキルを4つ挙げています。以下にて解説します。

意思決定スキル

より良い決断かどうかは意見が出ている時点では分からず、その後になってみなければわからないことも多くあります。その中で、決断をする力があると前に進むことができます。また、選択肢の中にベストなものがなければ見送る決断力も必要です。

コミュニケーションスキル

マネジメントでは多くのコミュニケーションを必要とするために、それらのスキルは重要とされています。マネージャー側だけで決めるのではなく、従業員側の意見を聞き、理解をして、伝えることがマネジメントでは大切です。

管理スキル

自身のチーム全員をしっかりと見て、個々に適した役割や仕事を与え、定期的に評価・フィードバックをすることが大切です。わざわざ管理者を配置する意味を把握し、全体の生産性を上げる管理スキルが必要です。

分析スキル

マネジメントには、自身だけでなく、組織全体や従業員を見る必要があります。また、目標達成のために、ヒト・モノ・カネ・情報などの把握、管理も必要とされています。客観的に現状を分析し、必要なものを判断する力が求められます。

マネジメントでよくある課題と解決方法

ここでは、マネジメントでよくある課題を挙げ、その解決方法を解説します。

経営と現場とのズレが生じる

経営者が考えていることと、現場の実情が違ってしまい、ズレが生じてしまうことでお互いにモチベーションが低下することがあります。解決方法としては、組織としてやるべきことを洗い出し、優先順位を決めて、全体で共有をすることです。優先順位を見える化することでズレを減らせます。

課題解決のための行動ができない

課題解決のために何をすればいいのかは決まってはいるものの、なかなか実行に移すことができないという問題です。解決することだけを計測するのではなくて、行動自体の達成を見える化することで、行動をしやすく、また継続して行うことができます。

マネジメントに今後求められるもの

労働人口が減り、少子高齢化が進み、働き方も変化していくなかで、柔軟に多様な働き方に対応するためにマネジメントの手法も多様化していく可能性があります。

また、企業だけでなく、より個人のキャリアや将来に目を向けたマネジメントが求められる可能性があります。変化が多い世の中なので、指示を出して動かすのではなく自律的に動く人づくりが必要となるでしょう。

オンライン・マネジメントの注意点

昨今ではオンラインでのマネジメントも増えています。オンラインでは仕事へのモチベーションが低下することもあるため、仕事の意義を伝えることが必要です。

また、組織内にいるよりも目標を目にすることや耳にすることが減るため、目標がわかるような環境づくりも必要でしょう。さらに、リモートではホウレンソウといった基本的なことがしにくい環境になりがちなので、こまめに連絡を取ることが大切です。

マネジメント力を高める手法・方法

 

マネジメント力を高める手法、方法について解説します。

意思決定スキル

意思決定スキルを高めるためには、周囲の人やチームの人間の意見に耳をしっかりと傾けることが大切です。また、知ったかぶりをせずに分からないことは分からないといい、聞く姿勢や学ぶ姿勢が必要です。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルを高める方法として、「ペーシング」「ノンバーバル・コミュニケーション」「アクノレッジメント」などがあります。ペーシングは相手をよく観察してペースを合わせることです。

ノンバーバル・コミュニケーションは非言語である動きやリアクション、表情、身振り・手振りなどで表現をすることです。アクノレッジメントは否定をせずに相手を認め受け止めることを意味しています。

管理スキル

管理スキルを向上させるには、通常の立場とは違う立場から物事を考えることが有効です。たとえば、上司の場合、部下の視点から考え常識を疑うことで、管理者としてのスキルやリーダーとしての能力が向上します。

分析スキル

ディズニー・ストラテジーという「ドリーマー」「リアリスト」「クリティック」という3つの視点を持っておくという考え方があります。長期的に考え、実行をして、リスクも考えるという考え方です。

まとめ

実際にマネジメントを導入し、機能させることで、経営改革に成功した企業は多くあります。マネジメントをしっかりと学ぶ場合には書籍や専門の教材にて学習することをおすすめします。

また、フランクリン・コヴィー社では、組織のマネジメント人材育成をサポートするプログラムをご用意しています。

たとえば、「7つの習慣」をマネージャーの視点で学び、ビジネスで応用・実践する力を養成する「7つの習慣マネージャー」

プレイヤーからリーダーへのマインドセット転換を促す新任管理者向けプログラム「チームリーダーのための6つの実践プラクティス」

エンゲージメントを強化し、クリエイティブに躍動するチーム作りができるリーダーを養成する「リーダーのための4つの本質的な役割」

フランクリン・コヴィーのコンサルタントが伴走し、エグゼクティブやマネージャーとともに最重要目標の策定からそれらを推進するためのリーダーの育成、またチームメンバーにも「実行」文化を根付かせる「4DX実行の4つの規律」など組織の課題やニーズに対応したプログラムなどがございます。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

【無料ガイド】組織の生産性を向上させるリーダーの条件
〜どのようにして「心理的安全性」を創り出すか〜

2016年に「心理的安全性」が「効果的なチームを可能にする条件」としてGoogleによって証明されて以降、多くの企業・組織で「心理的安全性」を確保するための取り組みが行われています。フランクリン・コヴィー・ジャパンが提案するリーダーを軸とした「心理的安全性の創り方」を資料にまとめました。

ご紹介項目:
1.「心理的安全性」とは?
2.「心理的安全性」がもたらすビジネスインパクト
3.「心理的安全性の確保」がより重要度を増している理由
4. リーダーはどのように「心理的安全性」を創り出せばよいのか
5. 組織の効果性を高める原則:「リーダーのための4つの本質的な役割」
6.「リーダーのための4つの本質的な役割」によりエンゲージメントレベルを高める
7. 優れたリーダーを育成する「リーダーのための4つの本質的な役割」
8. 導入企業の声

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事